Monthly Archives: 12月 2016

季節で魅力も変わる京都での挙式

京都で結婚式を挙げるという事なら、やはり和装で挙式を行いたいものです。京都には嵯峨野、鴨川、祇園、東山、嵐山など、各所に日本らしい伝統的な景色があります。夏の挙式なら白川の涼しげなほとりで花嫁の写真を撮りたいです。春の挙式なら鴨川、祇園を彩る美しい桜の中で、秋は紅葉が色づく美しい嵐山、東山など、季節に応じた美しさの中、白無垢、色打掛等和装で印象的な撮影ができるでしょう。

祇園あたりは昔ながらの京都の街並みが残り、石畳が美しいエリアですし、1年を通じて京都らしい美しさがあります。嵐山あたりは、歴史的建造物、伝統的な建築物なども多く、和装が本当によく似合うエリアです。この辺りは白無垢もすてきですが、現代風の色打掛などもきっと似合うでしょう。嵐山は鴨川という風流な川があり、春先は見事な桜並木をバックに撮影できます。桂川辺りには青々とした竹林をバックに幻想的な風景の中撮影ができるでしょう。

また京都には和洋折衷の美しい邸宅があったり、洋館なども実は多いのです。洋館といっても京都にある洋館は、完全に洋風というイメージではなく、古き良き時代の日本文化が色濃く残されている洋館なので、非常にエキゾチックです。ウエディングドレスでもレトロなイメージのドレスがよく似合います。

歴史ある神社で行う京都の結婚式

京都には1000年以上もの月日を超えてきた由緒正しき神社が多数あります。世界最古の神社と呼ばれる神社もありますし、日本伝統の婚礼の儀を伝統的に伝えてきた神社もあります。歴史深い神社で挙式できるという事は、日本人として誇らしい事ではないでしょうか。

挙式や披露宴を結婚式場で済ませるという方法もありますが、この場合、相場でいうと300万円位の費用が掛かります。しかし、神社で行う挙式は大きな費用がかかる事がなく、つましく行う事の出来る挙式です。その後、披露宴を行うとしても普通に結婚式場やホテルで挙式、披露宴を行うよりも低い金額で行う事が可能です。

バブルの頃には盛大なお式が当然のように行われていましたが、現代の挙式、披露宴は非常に質素堅実なものとなっていて、神社で挙式、披露宴は家族や親しい人だけを集めてレストランなどで食事会を行うというカップルも少なくありません。つましく堅実に、でも厳かに挙式したいという時、京都という地は非常に魅力的なのです。

京都には縁結びの神様として知名度の高い由緒正しい神社もありますし、世界遺産登録されている神社もあります。盛大な挙式を行うというよりも、京都という伝統の地で由緒と歴史を紡いできた伝統的な神社で行う、印象的な挙式を行う方が結婚という儀式に相応しいと感じる方が多くなっているのでしょう。

記憶に残る結婚式をしたい

京都には歴史的建造物が多く、その中に、挙式ができる神社も多数あります。芸能界の方々の中にも、由緒正しい京都の神社で印象的な挙式をあげられ、それが報道されることもあり、こうした落ち着いた雰囲気の美しい挙式をしたいと憧れた女性も少なくないでしょう。

神様の前で厳かに、人生の伴侶と決めた方とこの先の人生を共に歩む決意をする、神聖な空間の中で行う京都の神社での挙式は、非常に印象的です。親御さんの中にはウエディングドレスもすてきだけれど、白無垢姿を見たいと希望される方も多く、白無垢も色打掛も、また文金高島田等がよく似合う京都の神社で、挙式をしてほしいとご両親から希望され、京都での挙式を決めたというカップルもいます。

結婚というのはカップルだけの事ではなく、挙式することによって新たに、新郎新婦のご家族、そして御親戚が縁を結ぶという意味もあります。これから先、全く関係のなかった親族同士が親戚としての縁を結ぶという事になりますので、こうした大切な儀式という事を考えても、古くから神聖な場所として地域の中で崇められてきた京都の神社で挙式を行うという事には大きな意味を持つことになるでしょう。

現代の結婚式はともすると、友人たちが大騒ぎするパーティのような形で終わってしまう事もあります。そうではなく、古くから行われてきた日本ならではの夫婦となる儀式を、厳かに行い、記憶にしっかりと刻まれる挙式をされるのも素晴らしい事でしょう。

京都で魅力ある結婚式をしたい

日本の中で最も日本らしい景色、イメージを持っているといえばやはり京都です。日本に暮らしていても、日本人として京都は非常に日本らしい特別な地という印象を持っていますし、歴史的な建造物、世界遺産なども多く、日本らしい情緒あふれる景色、また京都だからこそのマナー、衣食住等、現代の日本が失いつつある色々な面を持っているのが京都です。

日本屈指の観光地としても有名な京都は外国人の方々も多く訪れていますが、最近、京都で結婚式をあげたいというカップルが多くなっているという事をご存知でしょうか。ほかの地域にはない独自の風情を持っている京都で、由緒正しい神社などで行う挙式は確かに魅力的です。美しいロケーションで撮影する白無垢姿などはご両親にとっても最高の思い出になるでしょう。

こうした和の結婚式が人気となっている背景には、贅沢を尽くした挙式よりも記憶にしっかりと残る厳かで神聖な挙式を希望されている方が多くなっているという事があります。ホテルで豪勢な披露宴を行うのではなく、神様の前でしっかりと将来の伴侶となる方と人生を歩む契りを結び、ご家族や本当に近しいご友人やお世話になった方々を招待し、心ばかりの祝宴を行うという堅実な結婚式を求められる方が多くなっているのです。

由緒正しい神社仏閣が多い京都、また和の花嫁姿がよく似合うロケーションで行う京都の挙式はどのような魅力があるのか、当サイトで紹介させていただきます。京都での結婚式にあこがれている方、また京都にゆかりがあり、挙式は京都で・・・と考えておられるカップルなどこれから挙式予定の方に、心にしっかりと残る美しい挙式をご案内できれば幸いです。